水漏れの種類と修理の方法

水漏れの種類と修理の方法 普段何気なく使っている水道ですが、ひとたび水漏れが起きてしまうと、どうしたらいいのか分からず途方に暮れてしまいます。部屋が水浸しになってしまったらどうしよう、と考えてパニックになってしまう人も多くいます。水漏れの修理をするにあたって、どのような症状や種類が考えられるか、あらかじめシミュレーションしておくといいでしょう。




■洗面台で起きるトラブル

基本的に水回りであれば、水漏れなどのトラブルが起きる可能性はあります。まず洗面台は問題が発生することが多くあり、水道業者にも問い合わせが多くあります。洗面台の場合は、給水、排水の配管のいずれかの水漏れであることがほとんどです。なぜこのようになってしまうのかというと、配管が老朽化で劣化していることが原因であることが多くあります。そのほかには、何か塊を排水口に流してしまって、それが詰まりになって発生することも考えられます。
給水管でトラブルが起きているようであれば、とりあえず元栓を閉めて修理業者に連絡するのがいいでしょう。排水管の問題であれば、漏れ出た水をふき取ることです。そのうえで接続部の劣化であれば、その部分を新しいものと交換しましょう。特にアパートやマンションの場合、そのままにしていると床が水浸しになるだけでなく、階下の天井を濡らす、水滴が垂れるなどの問題が起こるかもしれません。そうなると、ご近所トラブルにもなりかねないので、管理会社にすぐにコンタクトをとるのがおすすめです。

■キッチンで漏れが発生した
キッチンも基本的には洗面台と一緒で、給水もしくは排水の配管の問題であることがほとんどです。台所の水漏れトラブルはなかなか厄介で、シンクの下側で発生している場合、なかなか気が付かないこともあります。給水管の場合、蛇口が原因となる水漏れであることが多くあります。水がチョロチョロ垂れる程度の症状が多く、水が噴き出すような大問題が起きることはまずないでしょう。蛇口のトラブルはパッキンの劣化であることが多いです。新しいものに付け替えれば、問題が解決する可能性は高いです。
水漏れが発生しているようだというのであれば、タオルなどの布を使って水漏れの発生しているところに巻き付けるなどして吸水をしましょう。また元栓を閉めてしまえば、水の流れを遮断できます。そして修理業者に連絡することです。ただし賃貸物件の場合、管理会社で懇意にしている業者があるかもしれません。ですからまずは管理会社なり大家さんに連絡を取った方がいいでしょう。

■トイレで水漏れが起きる

トイレも発生しやすい箇所なので注意しましょう。そして起こる個所も先ほど紹介した2つの水回りよりも多いのが特徴です。給排水管のほかにも、止水栓やトイレタンクで発生することもあります。ですから床が濡れている場合には、どこがトラブルポイントなのかを確認することです。
たいていはどこかの部品が劣化して漏れてしまうと考えられます。しかしそのほかにもタンクの構造的な問題、さらにつまりが原因となっているケースもあり得ます。給水管で問題が起きていても、ナットが緩んでいるだけだったということもあります。その場合自分で簡単に治せる可能性も出てきます。

■まとめ
とりあえず水道の流れに栓をしてしまえば、これ以上給水されることはありません。紹介したトラブルの中には自分で修理できるものもあれば、専門業者を呼ばないと解決できないような種類もあります。いったん止水栓を止めて、自分で対処できそうかどうか判断しましょう。ただし無理やり自分で何とかしようとすると、状況がどんどん悪化する恐れもありますから、無理せず専門家に任せるのがおすすめです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース